誰が不動産を取得するかで揉める

きちんと分けることが出来るものは、分けやすいのですが不動産は困ります。

最近はマイホームをお持ちの方が多いです。
中には相続で不動産を取得したくないという方も多くいます。

“誰が不動産を取得するかで揉める” の詳細は »

もう秋の雰囲気を感じられますね。

気持ちが伝わっていると、残された人間も悩まずに済む場合が多いです。

空気が変わったような感じがします。
なんとなく夏が終わった感じです。


“もう秋の雰囲気を感じられますね。” の詳細は »

春らしく暖かくなってきましたが。

三寒四温といいますが、この時期の気温には気をつけ、体調管理します。

寒い日も大分少なくなったような気がします。
しかし油断はいけません。
まだまだ寒い日があります。


“春らしく暖かくなってきましたが。” の詳細は »

亡くなられた方の財産をわける方法

遺産分割にはいくつか方法があります。こちらは基本となるわけ方です。

お亡くなりになられた方が財産をお持ちで、
協議書を用いて分割する場合に、
どのような方法で分けるのでしょうか。


“亡くなられた方の財産をわける方法” の詳細は »

相続の手続きを進める上での注意とは

どのように財産をわけていくか、誰が相続するのか、を気をつけましょう。

気持ちの整理を着けて、力を振り絞りながらの手続きかと思います。
その上で気を付けて置かないといけない事は、何があるのでしょうか。
少し考えてみます。


“相続の手続きを進める上での注意とは” の詳細は »

贈与を受けた子と受けない子がいる相続

贈与を受けている者が相続人の中にいるときの相続分の出し方

相続のパターンで最も多いケースは、配偶者と子による相続です。
この時、遺言がなければ法律で定められた相続分で遺産を分けます。
しかし、相続人の中には被相続人が生前にいくらかの財産を贈与していることがあります。
“贈与を受けた子と受けない子がいる相続” の詳細は »

妻と子の相続で遺産分割協議を円滑にすすめる

様々なパターン 妻と子が相続するケースから自分の家族に置き換えるとよく分りますよ

相続の中で最も多いケースが、夫が亡くなり、その配偶者である妻と子供が相続するというものでしょう。
言い換えれば、相続においての基本パターンとも捉えられます。
その相続分は、夫が亡くなった場合でも、妻が亡くなった場合でも立場は「配偶者」ですから、
共に相続財産の2分の1を相続します。残りの2分の1を子供が相続します。
子供が一人の場合は妻と同じ2分の1が相続分となりますが、
子供が二人であれば子供の相続分である2分の1を2人で分けるので、4分の1ずつを相続する事になります。
“妻と子の相続で遺産分割協議を円滑にすすめる” の詳細は »

実際の相続における養子の扱いのこと

養子と実子によって相続分に違いは出るのでしょうか

相続が発生して、子の中に実子以外の者がいる場合の相続分はどうなるのでしょうか。

配偶者がいれば、配偶者に2分の1の相続分があります。残りの2分の⒈を子の人数で等分します。この時、実子と養子は戸籍上どちらも子として扱われますので、区別はありません。ですから、子の2分の1の相続分を、養子を加えた子の間で等分します。これは養子だけしかいなかった場合でも同じです。
但し、養子というのは、形式上のみを言うのではなく、戸籍にきちんと届け出のある者でなくては認められません。
“実際の相続における養子の扱いのこと” の詳細は »

間違うと危険な相続税の対象とはこれです

相続財産には様々なものがあり、それを特性別にしてご紹介します。

相続税の対象となる相続財産は、その特性によりいくつかに分けられます。
① 本来の相続財産
これは被相続人から相続もしくは遺贈によって相続人が受け取る財産のことで、お金として換算できるもの全てを対象とします。預貯金や不動産、株式や会員権、宝石や貴金属、電話加入権や立木などです。
“間違うと危険な相続税の対象とはこれです” の詳細は »

高齢化が進む社会に向けての相続のこと

相続税と贈与税の違いとこれらの精算課税という制度について話しましょう。

少子化が問題となっている国は少なくありません。

日本では、一夫妻当たりの子供の数は1.2人という現状です。少子化が進むと同時に高齢者の割合も進み、
現在人口の約15%強が65歳以上の高齢者となっています。

高齢者を支援するために、介護保険制度と、成年後見人制度が取り入れられました。では、税制面はどうでしょうか。
“高齢化が進む社会に向けての相続のこと” の詳細は »